2006年10月31日

愛情と同情は紙一重

そんな気がするんですね。最近。
異性に限らず自分以外の人を、「愛する」ということは本当に難しいことなのではないかと。
自分自身、自分を愛せているのかもわかりません。
愛って一体なんなのでしょうか。
何書けばいいかわからなかったのでとりあえずこんなこと書いてみました。
家にパソコンが無いので、お店のパソコン使わせてもらって頑張ってキーをポチポチと押してるのですが、アキラ君は明日も学校だというのにぼくの文字を打つスピードの遅さに愚痴の一つもこぼさず、「いにお、ふけぇぇぇ。ゆうじさんヴィレッジいる間に絶対いにお読んだ方がいいっすよぉぉ」って満面の笑みをぼくにふりまいてくれました。
よし。明日から二度と遅刻なんてしないことをアキラ君の笑顔に誓います。
帰ります。
ちなみにアキラ君がいう「いにお」というのは「浅野いにお」という漫画家です。
posted by vvcaparvo at 01:01| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

ヴィレッジ

本日のブログ役に抜擢されたニューカマーです手(パー)
まだまだトウシロ感丸出しですが、ヴィレッジに入って思った事などを語ってみたいと思います。
実は僕は特にここに通っていた訳でもなく、ごく普通の雑貨好きでヴィレッジにも数える程度しか通った事がない半端モンでした。そんな僕ですから、最初は商品の位置が分からなくて困ったもんです。大体の位置すら分からない状態だったもんで。だから商品の位置や値段を先輩方に聞くとパッと出てくるのがすげーなとか思ったりする訳です。でも実際に働いてみてこんな商品あったんだとか、こんなコアなもんまで置いてあんのかよ爆弾など色々発見があります。皆さんも細かいとこまで見てみてください。オモシロイものが見つかるかも知れませんよ。
 
かなり私的な内容になってしまいましたが今回はこれで。
次回は同じニューカマーのハードボイルドY氏が盛り上げてくれる事は間違いないでしょう。

posted by vvcaparvo at 15:18| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

かばやきさんたろー

帰ってくるやいなや、即行で服を脱ぎ捨て風呂に入る。

一日の汚れ、疲れ、を洗い流すようでスっとするダッシュ(走り出すさま)
あがったらその勢いで洗い物を済ませ、水槽・部屋の電気を消して、缶ビール、コンビニお菓子、残り物の味噌汁、常備薬のきゅうりの漬物をもってきてテレビをつける・・・。迷わずNHK。

ER終わってる。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

2分前にね。帰ってくるのが少し遅かったのが敗因。しかたないから24で我慢。

そんな土曜の深夜いかかがお過ごしでしたか?

 どうも僕です。

今日はこの時期にぴったりのグッズをご紹介るんるん

有機農法で育てたらグレました。
ギッチギチにマイクロパウダービーズが詰まっているので、さわり心地は最高グッド(上向き矢印)
かわいいでしょ?いつでも抱いていたい1品。1575円。間違いない。
ではっ。
AK
posted by vvcaparvo at 02:52| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

クリテの巻

本日は月末恒例の鬼入荷DAYあせあせ(飛び散る汗) 
開店と同時に山のごとく届く荷物。捌く俺ら。1箱出し終わって3箱届く。
何故か運送屋さんの笑顔に殺意すら覚える。ダンボール開けて商品出して
伝票で個数と値段をチェックして値札つけて売り場に出す。タイミング悪いメーカーからの電話に途切れないファックス。目が回る。しかし手は止められない時間との勝負。
お客様には伝わらないそんな地味な作業を1日10時間以上やり続ける。もはや快感でしかない。
荷物を出し終わらないと帰りたくないし帰れない。しかし今日は探偵ナイトスクープ観たくて11時ぐらいにあっさり帰宅・・・。
 そんな訳でお店の外にダンボールが山積みの時は、スタッフの気が立っていることが多いので絶対にエサを与えないでください。      M@C
 
「VVキャパルボ誕生編」・・・語っていいものやら・・・また次回。
 
 
posted by vvcaparvo at 03:27| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。